FC2ブログ

晴れっ!ぶらっと@札幌

北海道の快適な「住まい」を考えるブログ


屋根の点検

築7年の住まい「たのしいたのしい我が家」にお邪魔した。

10月下旬の早朝「ドシャ降り」の雨で、煙突廻りの直天井に水染みができたとの
連絡であった。以降、雨の日も雪の日も問題は無いとのこと・・・

2階のウッドデッキからカーポートの屋根上に出て、2階の屋根に上がり「煙突廻りを点検」し、
原因を推測して補修した。

DSCN1943xb.jpg


 とっいっても、私は脚立「降りるのが怖い」昨年は登れたのだが・・・一度登りかけたが
 「屋根から脚立におりれない」と判断・・・歳なのですなぁ、
 落ちたらまずいので1階平屋根で待機・・・
 
ホクシン建設首藤社長に、点検と補修をしていただいた。社長忙しいところ、いつもありがとう!






スポンサーサイト




冬構え

 甥っ子の合格祈願っということで神社さんへお参りにいきました。

DSCN1808xb.jpg



久しぶりの参拝、ふと屋根を見上げると「雪止め」が付けられておりました。

DSCN1810xb.jpg

細長い丸太を勾配方向に直角に架けることで、雪がづり落ちない・・・
滑り落下しないよう組み上げられていました。大雪に備えての冬構え「仮設」です。

DSCN1815b.jpg

 本殿の回廊にも、同様の雪止めが・・・

屋根に合わせ長さをカットすることなく空に突きだす佇まいに見とれてしまいました。
切らないでそのまま使う・・・あくまでも「仮設」なのだから、使われた丸太を次回
どこでも使えるようにという配慮なのでしょうか。

 日本の木造建築、伊勢、出雲の「大遷宮」に象徴される「木」ゆえの使いかたなのでしょう。


DSCN1816xb.jpg


 
 さすがに本殿には「雪止め」はありませんでした。

DSCN1818xb.jpg

 これだけの大屋根・・・見てみたい。

今年の冬は、大雪の時、屋根に積もった雪がどのように「落雪」するのか見てみたい。
寒い中待つのはかなりしんどそうですが・・・果たしてみれるのでしょうか。


« »

11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
じこしょうかい

okushima noriaki

Author:okushima noriaki
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
web/works earthcrafts
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あ~すくらふつ 住・空間研究室
一級建築士事務所:主催
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEL&FAX:011-621-3470
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e-Mail: uokushima@gmail.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

EARTHCRAFTS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

Archive RSS Login