FC2ブログ

晴れっ!ぶらっと@札幌

北海道の快適な「住まい」を考えるブログ


5年ぶりの・・・大雪

 今週末も、荒れぎみの暴風雪になるのでしょうか。よく振り続けてくれております。
例年より積雪が「ガツンっ」と多い札幌、5年ぶりの大雪・・・更新中だそうですね。

 冬は、大いに「滑り」・・・

 スキーを楽しんでいる身としては、「大雪」大歓迎なのでありますが、「北国の暮らし」
という点では、雪かき、屋根の雪下ろしそして運搬・・・等、追われるように仕事が増え
るのも、まことにやっかいなものです。

 ニセコの滑り仲間が、連日雪が降るのはいいのだが、朝、家の前を「雪かき」して出社・・・
そして、帰宅してまた「雪かき」が待ち受けている。だっからよぉ~ とても滑りに行く
気力が残されてないっという、贅沢なボヤキも聞こえてきております。

 先月下旬、初冬の新居を体験中の「さんかくやねのいえ」へ・・・
 冬場の「暮らし」ぶりを目視するのが目的でした、

P1060709x1.jpg
右側が「落雪」の勾配屋根、左側が「無落雪」の勾配屋根・・・左手前はカーポートの屋根
                 画像をクリックすると、別ウィンドウで画像が大きくなります。

 この家の特徴としては、三角屋根が「急勾配」であるということ・・・
 今年の「多雪」の影響はどうなのか。

南西側は、隣地からの離れを十分にとり「落雪」の勾配屋根としています。設計段階でお客様が
希望した、太陽光発電パネル(新築時を延期)の設置を来春予定(配線は工事済)。

北側は、隣地からの離れを最小限にするために、「無落雪」の勾配屋根を採用しています。
「急勾配」の屋根ですので、積もった雪が、風に飛ばされサラサラと自然落下することを期待
しております。へたらない「断熱」性能を確保しているからこそ可能となっております。

 さて、目視の結果です。

P1060704x1a.jpg
左側の屋根が「無落雪」、積雪20~25cm、新雪が風で飛ばされ、うまく落ちてくれていました。

 計画段階から、お隣さんに迷惑がかからないよう、北側の境界沿いには、木の「目透し塀」を
採用・設置しております。万が一の「豪雪」等、予期しない落雪が起きた時に、対処できる計画
になっております。

P1060680a.jpg
左が、木の「目透し塀」高さ 2,0m、右側の壁は耐候性を考慮し「板金平葺き壁」

今週末、取材訪問を予定しております。雪の状況「目視」第二弾が楽しみなのであります。





スポンサーサイト




« »

02 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
じこしょうかい

okushima noriaki

Author:okushima noriaki
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
web/works earthcrafts
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あ~すくらふつ 住・空間研究室
一級建築士事務所:主催
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEL&FAX:011-621-3470
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e-Mail: uokushima@gmail.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

EARTHCRAFTS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

Archive RSS Login