FC2ブログ

晴れっ!ぶらっと@札幌

北海道の快適な「住まい」を考えるブログ


上棟式

 今月初旬、上棟のお祝いに参加。あいにくの曇り空ではありましたが、
昼過ぎまで大工さんが仕事を続け、午後から集まったみんなで「宴」の場を設営。

 本来は、屋根架構の一番上の「棟が上がる」ことを「上棟」といいます。
 
 今回は、多少寒くても雨が降っても「宴」が続けられるよう、屋根工事がほぼ
完了した段階でおこなわれました。当初室内での「のみくい」を予定してましたが、
「焼肉(^^;」をするということになり・・・さすがに新築では、」匂いがつくのでは
ないかということになり、急遽、カーポート架構を立ち上げ「場」が設けられました。

R1168144b.jpg

 14pm お施主さまから「餅」をいただき、大工さんが屋根にあがり・・・

R1168152xb.jpg

 いつのまにか近くの公園で遊んでいた近所の子供たちが集まり、餅まきを奪い合う。

R1168147x.jpg

 おいしい焼肉とお酒をいただき、大工さんも大喜び、日暮れまで「宴」が続きました。

R1168156b.jpg

 さぁ、12月竣工で、急ピッチの工事が進んでいきます。慎重に正確にそして安全に・・・願いました。
スポンサーサイト




屋根葺き工事

 屋根の下地で防水性能を確保するということ。

 これが大事だと考えております。板金屋根自体で果たして何年持つか・・・
「板金」もより良い耐久性のある商品がでてきてはいますが、北国の冬、

 緩んで・・・解けて・・・凍る・・・

 住宅本体は板金より、長く持つであろう屋根材を採用することが多くなりました。
もちろん、ディテールでの、板金収めは必要であることはいうまでもありません。

R1168143b.jpg

 緩い勾配屋根であれば、冬季積もった雪が「落雪」することはありません。

R1168178b.jpg


 ですから、雨樋も標準装備となっております。

 なにより、「北国の家」には、やっぱり「屋根」が必要だと思っております。



「破風と鼻隠し」 EARTHCRAFTS仕様

                 

屋根 破風と鼻隠しは、木2段(2x8)、仕上は着色防腐塗装

R1168061b.jpg


 「破風と鼻隠し」って何かわからないときは・・・ここなんか参考にしてください。 

この木部2段の間に「屋根通気口」を設置しております。 画像(下)の黒い部分

R1168063b1.jpg


屋根と断熱層(屋根断熱)の間に、通気を確保することが建物の耐久性を高めます。
・日中の陽光で温まった屋根面の熱が室内に伝わりにくくできます。
 当然、断熱材が熱で融けることも防ぎます。
・冬期屋根に積もった雪が、室内の熱逃げによる悪影響がなくなります。
 屋根の上の凍った雪が滑り落ちることを防ぎます(5寸程度までの緩い屋根勾配の場合) 

画像の黒い部分「黒い樹脂製の部材」でして、空気は通しますが「雨や雪」の進入を
シャットダウンする優れものです。この部材を付けずに「通気口」だけ確保するのは
安上がりにできますが、悪天候時の風圧により、雨や雪は簡単に内部へ進入します。
下から上にも圧力差で押しあがることがあり、それが漏水や断熱材、下地木部を凍害
劣化させる原因になることもあります。

 EARTHCRAFTS仕様:JBECK「デハイリー」を標準仕様としております。

住まいを長持ちさせる「高気密・高断熱の家づくり」には大切な部材なのです。

*画像、クリックすると別ウィンドウが開かれます「大画像」でご覧ください。。




« »

10 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
じこしょうかい

okushima noriaki

Author:okushima noriaki
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
web/works earthcrafts
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あ~すくらふつ 住・空間研究室
一級建築士事務所:主催
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEL&FAX:011-621-3470
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e-Mail: uokushima@gmail.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

EARTHCRAFTS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

Archive RSS Login