FC2ブログ

晴れっ!ぶらっと@札幌

北海道の快適な「住まい」を考えるブログ


「屋根下地」 EARTHCRAFTS仕様

EARTHCRAFTS仕様

屋根下地の施工状態、タルキの上に耐水合板 ア12mm を張っている過程。

R1167997b.jpg

登り梁の上に屋根断熱を優先して施工します。その上に屋根タルキの架構を組み、
大きな庇を張りだす。庇の出は、980mm ケラバは750mm

青い部分:ポリスチレンフォーム(B-3)ア75mmの断熱材、屋根断熱は3層:75mm+60mm+75mm

断熱層と屋根下地の間には、「通気層」をしっかりと確保しております。

R1167998b.jpg


屋根下地の上に貼る防水材「カスタムーベース」釘穴シール性能を持つ優れた部材です。

R1168054b.jpg

この上に屋根仕上ファイバーシングル「オークリッジプロ」を留め付けていきます。

R1168058b.jpg



*画像、クリックすると別ウィンドウが開かれます「大画像」でご覧ください。。


スポンサーサイト




棟上げ

 秋着工した、木造2階建ての工事が進んでおります。

プレカット工場で正確に刻み込まれたから構造材が、現場に運ばれてきました。

R1167880b.jpg

大工総勢4人、土台敷きから始まり1階柱立て、2階床横架材組み2階桁横架材と
2階3尺ピッチの登り梁架構まで順調に進み、棟上げまで3日弱。

IMG_6201b.jpg

プレファブ建てのハウスメーカーのつくり方にはかないませんが、大きなミスが
発生することもなく、正確にそしてスムーズに建て方が進行しております。

IMG_6213b.jpg

完成するとほとんど隠れてしまいますが「骨組の美しさ」は良い家の証であると自負しております。

ウッドデッキ

 昨冬竣工の住まい

春先から、こつこつと進められていた庭と塀、外構工事がほぼ完成しました。

IMG_6116b.jpg

土にからむところはこちらで手配して施工し、その仕上はアメリカ暮らしが長かった
オーナーさんが、少しずつ造り続けてきた手仕事であります。

 木塀に囲まれた「芝庭」に、しっかりと盛りあげられた「ウッドデッキ」があらわれた。

IMG_6119b.jpg

 「芝を上にもっ」って言われたときは、なんでぇって思ったけれども
 できあがりは、とても素敵な「お月見台」になりました。




「雨樋」 earthcrafts仕様

R1167022xb.jpg

我が家、築15年経過中・・・今夏、1階の屋根に雨樋を設置しました。

 earthcrafts仕様のアイテム、ここ5年ほどの標準仕様となっております。

これまで、庇先端から落ちていた雨だれは、「垂れ流し」状態でした。
庇下のコンクリート床に流れ落ちた雨、当然跳ね返り外壁を濡らすために
秋田杉の下部が、3割ほど濡れ色に変色していってました。

 そろそろ、雨樋取り付けようかと思ったのが、昨年春

家のメンテナンスは、適時改修がポイントです。思い立ったら即なおす・・・
 のが良いですが、
ついつい追われ仕事に流され、年を越し・・・


この雨樋、

横樋:半円形の断面をした樹脂製、庇先端に水平に取り付いている茶色の部分

   冬場当然、横樋は凍りつきますが、樋が壊れることはありません。水分が
   氷り膨張しても、それに追随できる柔らかな「樹脂」製なのです。

R0016448b.jpg

縦樋:円形の筒、樹脂製である程度「水の膨張変化に追随」しますが、上から下まで
   凍りついたらやはり割れるのではないかと推測しております。

R1167019b.jpg

ですから、縦樋下の、雨水枡は地面より30cmほど高くして、凍害が万が一連続しない
ようにしております。

R1167024b.jpg

先月から、突如襲ってくる豪雨前に工事完了しておりました。成果は上々です。


« »

09 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
じこしょうかい

okushima noriaki

Author:okushima noriaki
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
web/works earthcrafts
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あ~すくらふつ 住・空間研究室
一級建築士事務所:主催
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEL&FAX:011-621-3470
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e-Mail: uokushima@gmail.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

EARTHCRAFTS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

Archive RSS Login