FC2ブログ

晴れっ!ぶらっと@札幌

北海道の快適な「住まい」を考えるブログ


業務範囲 あ~すくらふつの仕事

個人住宅の「設計・監理」を、基本的な「なりわい」としております。

        ゆりかごから住まいそして墓石まで設計いたします。


EARTHCRAFTS仕様の工事費

 これまでの実績として、
 高気密・高断熱、在来木造2階建の想定で、工事費:55~65万円/坪(札幌圏・税込)
                     

EARTHCRAFTSの設計・監理報酬

 上記、工事費用の10%前後・・・計画の難易度により、その都度見積を作成し提示させて
 いただいております。




基本的な業務の流れ

まずはお見合い:メールでも電話でもかまいません。興味がありましたらなんなりと
           お問合せください。
  
           数回お会いして、又はメール、電話にてお話をすることで「私の設計」
           設計・監理の業務内容を説明できるかと考えております。

           建設中の物件、入居後の住まいの「見学」もその都度何件か可能です。


A)基本設計:お客さまの「住まい」のご要望を聞き取りし → 間取りのご提案
      通常3案程作成し、その都度要望・意見を次の提案へ反映していきます。
      早ければ1ケ月でもまとまります。実績としては、2ケ月~5ケ月程が標準。 

*正式な、「仕事の業務依頼」は、「A)一案ご提案」の段階でいただけるよう考えてます。


B)実施設計:基本案が確定したうえで、設計内容の詳細を詰めていきます。
      意匠・構造・設備の詳細内容を検討し図面化していきます。


C)見積調整:工事業者さんを選定し、実施設計にもとづく「見積」を作成依頼。
      見積内容を検討し、お客様の希望する費用に調整していきます。


D)各種申請手続き:確認申請、及び各種申請手続き



E)設計監理:工事着工~竣工、入居まで、工事現場での「施工」を監理します。
      施工の詳細を「各種図面」にて検討し実施していきます。
      工事期間は、30坪:3ヶ月~5ヶ月:60坪

以上をもって、業務期間としております。


もちろん、

*)アフターメンテナンス:入居後のトラブルの発生した場合、施工業者に調査
            ・点検を実施させ、基本的にこれに立会います。    




「住まい」の設計・監理     K邸:2006年竣工
KYM-09b.jpg




スポンサーサイト




WORKS earthcrafts 公開中

WORKS 北海道の快適な住まい ご覧ください

House05「塗り壁と無垢の家」公開

Fotologue.jpg

ギャラリー「works」公開

奥島憲晶 / あ~すくらふつ 住・空間研究室
                 一級建築士事務所

ギャラリー「works」公開しました。

fotologue
クリックして、ご覧ください。

まだまだ、はじめたばかりですが、少しづつ発信していきたいです。
どうぞ、よろしくお願いします。

R0014244-xb.jpg

                          2010年3月で築15年を迎えた我が家 見学可(要予約)

「気密測定の実施」earthcrafts仕様

 引渡し前には、「気密測定」を実施しております(もちろん費用は、施工者負担)。

「建物の隙間が、実際にどのくらい少ないのか」毎度、オーナーさま立会いのうえで
おこなっております。

 先日の Open House「塗り壁と無垢の家」でも実施しました。

P1010422b.jpg

 窓の一箇所に「巨大な送風機」を設置し、準備が完了

P1010426x.jpg

今回の測定者:辻内さんの「気密のレクチャー」のはじまり、まじめなお顔で聞き入る面々
4歳のおこちゃまさまのお顔も真剣でした・・・・

P1010424b.jpg


なぜ、気密をしらべるのか?  

・不快な隙間風を無くし、壁内結露も起こさない「高耐久の家」づくりが大切だからです。
 外と内との温度差が「20~30度以上」となる、北国の家には「高気密」が必須なのです。

隙間風の少ない家
・建物外側(断熱部位)に、隙間の多い家は、「熱が多く逃げ続けます」。

壁の中で結露しない家
・熱が逃げる途中、壁内結露が発生し「土台・柱・梁」が腐る原因となります。

全体ムラなく換気できる家
・高い気密性能の家だからこそ、計画的な「換気」が必要となります。


そして、測定の実施。 

P1010434b.jpg

今回も、「 0.4* c㎡/㎡ 」という、非常に高い気密測定数値がでております(公式結果は後日)


これまでと同様、「0.5 c㎡/㎡」程度の数値目標を達成しております。いいですか、
1m x 1m の紙のなかに、0.5cm x 0.8cm の「穴」しかあいていないということです。

このことが、木造の建物を長持ちさせる大切なことのひとつなのです。


「冬耐えることなく快適であれ」 北国仕様の家づくり

札幌で設計活動を始めたのは20年前。32歳の秋。

高校を卒業後、上京し15年、東京暮らしからのUターン組である。以来、北海道の
住まい「住・空間」はどうあるべきか、日々、「思考・実践」し続けてきている。

20年前の「理論・技術」が、実際の「設計・施工」として試行錯誤を繰り返し
ながら、確かな「品質」へと少しづつ「進化」してきていると実感している。

「良い住まいを造り続けること」これが、あ~すくらふつ 住・空間研究室の使命。

・冬の寒さから身をまもる「断熱性能」
・不快な、隙間風をなくす「気密性能」
・汚れた空気を入れ替える「換気性能」

しかし、温熱空間を語る上での、「快適な住まいづくり」の話は、千差万別・・・

デザイン・性能・質&量・価格 どの切り口から語るのかで価値観が決まる。


IMG_6016bb.jpg
                        鬱蒼とした原始林に聳える老木「かつら」円山公園@札幌



 ほんとうに正しいことは・・・


 そんな、日々の「積み重ね」から生まれた

  「北国仕様の家づくり」を、
 
 少しづつ語っていけたらと思っている。



                    ┏┏┏   ──────────────────────
                    ┏┏┏   奥 島 憲 晶   
                    ┏┏┏   あ~すくらふつ 住・空間研究室 一級建築士事務所

                    ┏┏┏   TEL&FAX:011-621-3470   Mob:090-8428-1392
                    ┏┏┏   e-Mail:uokushima@gmail.com
                    ┏┏┏   ______________________

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
じこしょうかい

okushima noriaki

Author:okushima noriaki
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
web/works earthcrafts
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あ~すくらふつ 住・空間研究室
一級建築士事務所:主催
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEL&FAX:011-621-3470
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e-Mail: uokushima@gmail.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

EARTHCRAFTS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

Archive RSS Login